自然災害に強い住宅とはどんな家か

自然災害に関する情報サイト

>

災害に強い住宅ってどんな住宅?

災害に強い住宅

様々な災害の種類がある中で、もっとも多い災害は、地震ですよね。
今回は、地震に強い家はどんな家か調べてみました。
新築で立てる家の8割が木造で、古くからの実績があるので安心感があるため人気がありますが、火に弱いのがデメリットです。
反対に鉄筋コンクリートは、燃えにくく、気密性がありますが、換気をしっかりと行わなければ、結露が発生しやすくなってしまいます。
1981年以降に建てられたマンションなどは、大規模な地震が起こった際に、すぐに倒れないようになっています。
震度5強だとほとんど破損せず、震度6や震度7で倒壊しないようにという目安があります。
地震に強い家に住みたい方は、長期優良住宅に住む事をおすすめします。

家を購入するか賃貸に住み続けるか

家を購入しても、賃貸に住み続けても、必ず発生してしまう費用が、住居費用ですが、家を購入してしまった方が安いのか、賃貸に住み続ける方が安いのか気になりますよね。
家賃を払う感覚で、毎月購入した家の代金の分割料金分を払えたらいいなと思う方も多いと思います。
賃貸は、物件によって賃料が異なりますが、家を購入する場合は、毎月支払わなければならない金額が一定なため人によっては、デメリットに感じる方もいるかもしれません。
ちなみに50年間トータルでかかる費用を計算すると家を購入するよりも賃貸に住み続けた方が安いです。
初期費用も家を購入すると、数百万円の費用が発生してしまいますが、賃貸を借りると数万円で済みます。


TOPへ戻る